BookMan

ガソリンエンジンのパズル

ガソリンエンジン(英: gasoline engine)は、ガソリン機関ともいい、燃料であるガソリンと空気の混合気を圧縮したあと点火、燃焼(予混合燃焼)・膨張させるという行程を繰り返し、運動エネルギーを出力する内燃機関である。ガソリンを燃焼させる外燃機関もあるため(外燃機関は基本的に熱源を選ばない) …

馬車のパズル

馬車(ばしゃ)とは、人や乗せたり、荷物を運搬する、馬などに引かせる車のこと。馬車がいつ何処で発明されたか明らかではないが、インダス文明の遺跡であるハラッパーからは、轍(わだち)がある道路跡が発掘されている。紀元前2800~2700年の古代メソポタミアの遺跡から、馬車の粘土模型が発掘されている。この模 …

ヴィラパズル

ヴィラまたはヴィッラ(villa)は、本来は上流階級のカントリー・ハウスを意味し、古代ローマが起源だが、ヴィラの概念と機能は時代と共に発展してきた。共和政ローマが終焉を迎えるとヴィラは小さな要塞化された農場の複合家屋となっていったが、中世を通して徐々に再発展し、贅沢な上流階級のカントリー・ハウスとな …

蒸気機関パズル

蒸気機関 (じょうききかん) は、蒸気の圧力を機械的エネルギーに変換する原動機の一種。熱機関・外燃機関の一種であり、ボイラなど機関外部で発生させた蒸気を用いる。蒸気機関には、蒸気をシリンダに導き、ピストンを動かして往復運動をさせるレシプロ機関型のものと、蒸気で羽根車をまわすタービン型のものとが存在す …

テングタケベニテングダケパズル

ベニテングタケ(紅天狗茸、学名: Amanita muscaria)は、ハラタケ目テングタケ科テングタケ属のキノコ。毒性、向精神性の担子菌類である。 アジア、ヨーロッパ、北アメリカなどの各地で広くみられる。日本の方言名アシタカベニタケ、英語ではフライ・アガリックと呼ばれる。ヨーロッパでは、毒キノコに …

Snow Leopardのパズル

ユキヒョウ(Panthera uncia、雪豹)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科ヒョウ属の1種である。かつて単型属のユキヒョウ属 Uncia Gray, 1854 に分類されたが、実際はヒョウ属のトラ Panthera tigris に近縁である。ユキヒョウはヒョウよりも体躯は小柄で、体長100-1 …

ウィペットパズル

ウィペット(英:Whippet)とは、イギリスのイングランド原産のサイトハウンド犬種である。犬種名は鞭で打たれた馬のように俊足で駆け回ることに由来していると言われている。この犬種の原種は17世紀ごろに作出されたミディアム・グレイハウンドである。ミディアム・グレイハウンドは貧しい農民が共同で貴族からイ …

キリンのパズル

キリン(英語:giraffe)は鯨偶蹄目キリン科に属する動物。もっとも背が高い動物であり、体にくらべ際立って長い首をもつ。アフリカ中部以南のサバンナや疎林に住む。長い首をもつ最も背の高い動物であり、オスの体高は平均5.3m に達する。見た目から細い印象があるが、体重が1tを超す場合も多い。殆どの哺乳 …

ベビーライオンズパズル

ライオン(lion、学名:Panthera leo) は、哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類である。別名はシシ(獅子)。オスであれば体重は250キログラムを超えることもあり、ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種である[1]。現在の主な生息地はサブサハラであるが、インドのジル国立 …

ゼブラパズル

シマウマ(縞馬)は哺乳綱ウマ目ウマ科ウマ属 (Equus) のうち、白黒の縞模様を持つ系統である。数種(現代的な分類では3種)からなり、それらは単系統をなす。和名はシマ「ウマ」だが、ウマとは疎遠で、実際はロバの系統と近縁である[1]。シマウマ(縞馬)は哺乳綱ウマ目ウマ科ウマ属 (Equus) のうち …

頁數 1 / 33 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10